厚生労働省主催

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)
中央研修開催のお知らせ

 (株)日本能率協会総合研究所では、厚生労働省の老人保健健康増進等事業において、標記事業の内示を受け、中央研修の事務局運営を行います。

 生活支援サービスの充実及び高齢者の社会参加に向けて、ボランティア等の生活支援・介護予防の担い手の養成・発掘など地域資源の開発や地域のニーズと地域支援のマッチングなどを行う、生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)を平成27年度から都道府県が養成するにあたり、都道府県で行う養成研修の講師となる人材の研修を実施いたします。

 ご多用のところ大変恐縮ですが、本研修の趣旨をご理解頂き、ご参加のほど宜しくお願いいたします。

 

【おかげさまで無事開催を終了致しました】

 

<資料ダウンロード>

■生活支援コーディネーターに係る中央研修 全テキスト(約11MB)

資料Ⅰ:介護保険制度の改正について(PPT)

資料Ⅱ:高齢者の生活支援ニーズと生活支援サービス(Word)
 レジュメ 資料Ⅱ:高齢者の生活支援ニーズと生活支援サービス(PDF)
 レジュメ 資料Ⅱ:高齢者の生活支援ニーズと生活支援サービス(PPT)

資料Ⅲ:生活支援コーディネーターに期待される機能と役割(Word)
 レジュメ 資料Ⅲ:生活支援コーディネーターに期待される機能と役割(PDF)
 レジュメ 資料Ⅲ:生活支援コーディネーターに期待される機能と役割(PPT)

資料Ⅳ:三重県伊賀市(PPT)
資料Ⅳ:神奈川県平塚市(PPT)

資料Ⅴ:生活支援コーディネーターの独自の視点で行うべき生活支援ニーズの把握と支援(Word)
 レジュメ 資料Ⅴ:生活支援コーディネーターの独自の視点で行うべき生活支援ニーズの把握と支援(PDF)
 レジュメ 資料Ⅴ:生活支援コーディネーターの独自の視点で行うべき生活支援ニーズの把握と支援(PPT)
 演習Ⅴ 演習事例(PPT)

資料Ⅵ:高齢者に係る地域アセスメントの手法について(Word)
 レジュメ 資料Ⅵ:高齢者に係る地域アセスメントの手法について(PDF)
 レジュメ 資料Ⅵ:高齢者に係る地域アセスメントの手法について(PPT)

資料Ⅶ:サービス開発の方法について(Word)
 レジュメ 資料Ⅶ:サービス開発の方法について(PDF)
 レジュメ 資料Ⅶ サービス開発の方法 (PPT)

なお、2開催とも、一部次第よりカリキュラム内容が変更となっておりますことをご了承下さい。(変更後、2開催とも同様のカリキュラムにて実施しております)

 

開催日時 ①2014年 9月 4日(木)~ 5日(金)
②2014年 9月 6日(土)~ 7日(日)
上記①、②いずれかにて参加可能
1日目:10:30~17:50、2日目:10:00~16:30
開催場所 ①品川フロントビル会議室
東京都港区港南2-3-13 品川フロントビルB1F
②JA共済カンファレンスホール ホールA~E
東京都千代田区平河町2-7-9
定員 【参加者】
都道府県推薦者 各都道府県あたり 3名/1開催
団体推薦者   指定13団体あたり2名/1開催
【傍聴者】
60名(先着順)/1開催
参加者の選定に
ついての注意事項
都道府県推薦者(2開催合計 各都道府県6名)のうち1名は県職員であることが望ましい
実践経験の他、研修内容を正確に伝達できる方
申込み期限 2014年8月25日(月)または定員に達した時点
申し込み方法 上記申込みフォームよりお申込み下さい。
メールアドレスを持っていない、申し込みフォームの送信が出来ない場合等はお問合せ窓口のフリーダイヤルよりご連絡下さい。
シンポジウムに関する
お問合せ窓口
株式会社 日本能率協会総合研究所
ヘルスケア研究部

本件担当 河野(カワノ)、下間(シモツマ)
TEL:0120-676-715